• 【満員御礼】自治体向け 働き方改革セミナ

     

    事例に学ぶ

    自治体現場の

    働き方改革

    2018年6月29日(金) 14:00-17:00@早稲田大学日本橋キャンパス

  • 開催趣旨

    働き方改革への関心が高まるなか、自治体でもノー残業デーや退庁時間の設定などの取り組みが進んでいます。しかし、業務時間は短くなる一方で業務量・やり方は従来通りのまま。結果として、現場にいる職員の方々の負担が大きくなったり、終わらなかった業務の持ち帰りも起こっているのが現状ではないでしょうか。

     

    そこで本セミナでは、RPA(※)やAIなどの新たなICT技術の導入、あるいは業務改善活動などによって、実際に働き方改革に取り組む自治体を紹介。自治体における働き方改革のあるべき姿について、学び・考える場とします。自治体の皆様のご参加をお待ちしております。

     

     

    (※)RPA:Robotic Process Automation。これまで人がパソコンで作業していた定型業務などを記録させ、自動化するソフトウェアロボット。今後、人手不足への対策や、AIなどの周辺技術の発達により、さらに業務の効率化・自動化が進むことが期待されている。

    自治体でも、つくば市がRPAを活用して定型業務の自動化に取り組むなどの試みが始まっている。

    参考:「つくばイノベーションスイッチ第1回公募~RPAを活用した定型的で膨大な業務プロセスの自動化~

    次第

    日時:2018年6月29(金) 14:00-17:00
    (13:30開場予定。終了後、名刺交換・個別相談等)
    場所:早稲田大学 日本橋キャンパス(COREDO日本橋 5階)
    対象:働き方改革に本気で取り組む自治体幹部、人事、行政改革、情報政策部署の職員
    定員:70名

    主催:早稲田大学マニフェスト研究所
    共催:NTTアドバンステクノロジ(株)
    協力:(株)クニエ

    資料:ご案内チラシ

     ※満席につき、お申し込みを終了させて頂きました。

      キャンセル待ちはこちらでお申込みをお願いいたします。

       ≫早稲田大学マニフェスト研究所 担当:青木、永尾 FAX:03-6214-1186

  • プログラム

    「自治体における働き方改革のあるべき姿とは」

    早稲田大学マニフェスト研究所  北川 正恭 顧問

    労働人口の減少やAIの実用化が進むなか、自治体は時代の流れに合わせてどう自らを変えていくべきか? 三重県知事時代の改革の体験などを通じ、改革に必要なマインドのあり方やポイントを語る。

    「先進事例に基づく自治体におけるRPA導入のポイント」

    (株)クニエ  増渕 勝典 シニアコンサルタント

    つくば市の「つくばイノベーションスイッチ」のように、自治体でもRPAの導入が始まりつつある。そこで、自治体におけるRPA導入のポイントについて、事例を踏まえて解説する。

    「つくば市におけるRPA導入の取り組み」

    つくば市 政策イノベーション部 情報政策課職員

    RPA導入によって業務時間を79.2~83.3%削減できることが確認できた共同研究事業「つくばイノベーションスイッチ」の取り組み内容と課題等について紹介する。

     

    ※本セッション後半にて、会場の皆様との質疑応答を行います。

    「市民が利用しやすく、職員も働きやすい窓口に向けた取り組み」

    熊本市 改革プロジェクト推進課 職員

    繁忙期における住民異動手続き待ち時間を3分の1に短縮し、かつ職員の働きやすさを向上させた熊本市の窓口業務改革の取り組みを紹介。

    「業務改善手法による働き方改革の取り組み事例」

    早稲田大学マニフェスト研究所 中村 健 事務局長

    コンテスト形式での職場の整理整頓など、ユニークな手法を組み合わせた熊本市の取り組み。改革の土台とも言える職員の意識の変化などについても言及。

    「AIによる自治体業務効率化の可能性」

     (株)エーアイスクエア 石田 正樹 代表取締役社長

    自治体に大量に存在する議事録などの文章。この分野を得意とするAIが徳島県で導入され、知事会見の内容の自動要約に活用されている。AI導入の社会的背景、テキスト解析AIの可能性について徳島県の事例を交えて解説する。

    クロージング

    早稲田大学マニフェスト研究所 西川裕也 招聘研究員

    (NTTアドバンステクノロジ(株))

    終了後、名刺交換・個別相談などの時間がございます。(最大17:15まで)

    ※つくば市での実験に採用されたRPAツール『WinActor』を会場後方でデモ展示します。

  • 講師プロフィール

    北川 正恭氏

    早稲田大学名誉教授/元三重県知事

    衆議院議員、三重県知事。「生活者起点」を掲げ、ゼロベースで事業を評価し、改革を進める「事業評価システム」や情報公開を積極的に進め、地方分権の旗手として活動。達成目標、手段、財源を住民に約束する「マニフェスト」を提言。2期務め、2003年4月に退任。2003年4月より早稲田大学政治経済学術院教授。2015年3月に退任。現在、早稲田大学名誉教授、早稲田大学マニフェスト研究所顧問。

    増渕 勝典氏

    株式会社クニエ マネージャー

    8年半の市役所勤務後、国内コンサルティングファーム、独立起業を経て現職。
    全国の自治体において、総合計画策定支援、行政評価・人事評価制度の導入・運用支援、業務量調査に基づく定員適正化、BPR手法による業務改善支援、業務改善活動を通じた能力開発研修、窓口改革支援等を行う。

    石田 正樹氏

    株式会社 エーアイスクエア 代表取締役

    自然言語処理に特化した独自AIエンジンを開発。

    日本初のRPAセンターをアキバに開設、AI + 人 のハイブリッド運用で革新的なコスト削減と業務効率化を目指す。

    国立大学 弘前大学 研究・イノベーション推進機構 研究戦略アドバイザーを務める。

    中村 健氏

    早稲田大学マニフェスト研究所事務局長

    JR四国社員を経て、平成11年、27歳で徳島県川島町長に初当選。全国最年少の首長となる。町長を2期務めた後、平成16年に川島町を含む4町村が合併し吉野川市が発足するにあたり、地方自治の探求を目的に早稲田大学大学院公共経営研究科に入学。現在は、一般社団法人地域経営推進センター代表理事。

  • キャンセル待ち

    ※ご好評につき本セミナは満席となりました。

    ※外部サイトに接続いたします。

  • お問い合わせ

    ご不明な点やご質問がありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

    早稲田大学マニフェスト研究所
    〒103-0027
    東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目三井ビルディング WESEDA NEO内
    03-6214-1315
    All Posts
    ×